maggot's favorites #11



山田詠美
A2Z
講談社 2000.1.11



やっと、ここに登場、詠美(笑)
ほんとはもっとさっさとアップしててもええはずなんやけどね。
最初から言うときますが、この『A2Z』は「Me and Mrs.Jones」ものぢゃないです。あ、でもやっぱり「Me and Mrs.Jones」もんか(笑) どっちやねん(-.-;) えーつまりですね、ブラックモンではないですね、ちなみに誰でも知ってる、蛇足ですが『A2Z』というのは『A to Z』ですね、前の『4U』は『for you』というふうに、音のままに数字で表現するブラックのスラングです。まぁプリンスあたり聞いてたら先刻ご承知のことでしょうが、ところがそれをわかっていながら、冒頭で
たった二十六文字で、関係のすべてを描ける言語がある。
で、すぐに「hey,baby, make love tonight with me」なんて考えて字数勘定してるボクってアホですわ。
a accident交通事故
b breathe息を吸った
c confusion混乱
d destination目的地
e encounter遭遇
f factory作業場
g guarantee保証
h hostage人質
i intersection交差点
j jack-in-the-boxびっくり箱
k knowledge知識
l lyricism叙情
m marionetteあやつり人形
n notorious悪名
o occasional特別な機会
p possession所有物
q questionnaire質問事項
r recklessむこうみず
s solitude孤独
t treasure
u untitled題名のない
v visionary夢想家
w wrinkle
x X-rayレントゲン写真
y yearn懐かしく思い
z zip!ボディバッグを閉じる音
ふはは、単語のテストかと思うやん(笑) ネタばらし、ネタばらし(笑) 『A2Z』というのは見ての通り、AからZの「二十六文字」で、AからZの26章から成り立って(をー月並みなレビュー(笑))それぞれで始まる言葉がキーワードになってるのね、って、だぁ〜〜っと並べてみたけどわからんわなあ(笑)
まぁなんでもよろし。とにかく詠美ってのは「せつない話」を創らせたら天下一品だなぁって思ったんだよ。ちぃーっとたまりませんねぇ。それであとあじがさらっとしてるところはもう天性のもんだなとつくづく思ったわけ。
なんだかんだってこういう男と女の話は大好き。きっとそのうちテレビドラマ化されてくだらんメロドラマになってしまうんだろうな。

2000/2/2